FC2ブログ

親の愛・・・

小野寺史宜/著の『ひと』を読んでみた。

小野寺氏の本は初めて・・確か新聞の読書欄にも載っていたらしい・・

私の本選びは、ランダム。

タイトルや絵の表紙を見て、ほぼ直観で手に取る。

まーそれが馬鹿にならないのだ。


『ひと』 は、切なくて・・ぐっと来た。

それは、私が同じような経験をしていたからかもしれない。

状況はちょっと違うけれど、3年の間に両親を亡くしたこと・・

主人公は、二十歳そこそこで、一人っ子故に、天涯孤独となってしまったのだが・・。

私の場合は、弟がいるし、ましては結婚をして子供もいるので、家族がいるということは本当に有り難いこと・・

弟はまだ一人なので、私がいなくなったら、天涯孤独となるのだな~

そう考えると、何だか、血のつながりって優しい~

いて当たり前に思っているからかな~

両親もそうだったのに。


私、一人になった父に酷い事を言ってしまって、次の日「ごめんね」って謝ったら、「もう忘れた」って父が言った。

その2日後、父が逝ってしまって・・

あれが最期の言葉のようになってしまって・・言えてよかったと思ったし、許して受け入れてくれたのだと、大きい愛だったな~と思った。

けれど、今回本を読んで、ふと父や母の人生を思った時、「もう忘れた」って言った父の言葉を思い出した。

「忘れる事」って、悲しくて・・切なくて・・大きくて・・深くて・・究極の愛だな~って気がする。

生きていると色々なことがあって、理不尽なことだったり、怒れちゃうことだったり・・

でも、忘れることで生きられることもある。

ああー父はこうやって生きてきたのだろうか・・そう思ったら、涙が出てきた。

嫌なことって、なかなか忘れられない。だけど、それを敢えて「もう忘れた」って言ってくれた父。

言われた方は、救われる言葉だよね。

それを私に教えてくれたんだな~って。そういう生き方をしていきなよってね。

亡くなってからも、こうして愛してくれる父と母。

みんなそれぞれだけれど、私って本当に愛されていたな~って。

嬉しくて・・嬉しくて・・涙がいっぱい出ました。


人って、一人じゃないし、どこかでつながっているのだと思う。

そして、いっぱい愛されていると思う。

だから、頑張って、幸せに生きなきゃね~

嫌なことは忘れて~幸せなことはいつまでも感謝して~

愛いっぱい・・だね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウォンママ

Author:ウォンママ
ダンナさんと2人の息子、すももちゃん(ダックス♀)のママです。

アロマセラピー・クリスタル・手芸大好き♪

アロマセラピーの自宅サロン「春の風」と、手芸教室「ハンドメイドの会」をしています。

『春の風』のように、ふわっと軽やかな生き方を目指して~♪


*お問い合わせ*
『Aromatherapy 春の風』
TEL : 090*8323*6734
Mail : dacc1484*hana2228*ezweb.ne.jp

~*~*~*~*~*~*~*~
<春の風> Menu

☆アロマセラピスト プロ養成&カルチャー

☆アロマオイルトリートメント

☆クリスタルセッション&トリートメント

など~♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード